おススメ物件紹介の記事一覧

このお部屋に一歩踏み入れると懐かしい気持ちになっていく。。。

淡い初恋の記憶、苦手だった数式との闘い、茄子の入ったお味噌汁、

少しの間だけ同級生だった「アベさん」との楽しかった記憶。

そんな昔の事を思いださせてくれるような住まい。

僕が生まれるよりも前からこの住宅は建っていた。。。

住み慣れた町の小さな集落

そんな言葉が似合う柏原の戸建ては

緑豊かな自然環境も多く、

癒しの時間をくれる

時と人と自然が交差するようなお家に魅力を感じた
江戸時代。基本の移動手段は徒歩。

パンパンになった足をゆっくりと伸ばせるようと

一人旅でも泊まれる施設として発展していった旅籠

旅の疲れを癒してくれる空間には

開放的な空間とフローリングには無い畳の柔らかさ

お庭を眺めながらゆったりと時間を過ごしていただく

そんなおもてなしの「心」が表現された邸宅です。

町家風な玄関は長めのアプローチに柱を立て、石畳が敷かれてます。

雰囲気が出ているだけではなく、

道路側からの目隠しとなる実用性も備えております。


クールな外観は黒をベースにした外壁塗装でマッドな風合い。

周りとは一味違う個性を楽しむ。

それは色だけではなく、建物の形にも表れています。

91㎡の広さは一般的には3LDK程の大きさとですが、

こちらのお家は元々は6DK。

リフォームを施し、LDKは20帖を超え、別でお部屋は4つ。の広さ。

そう・・・こちらの物件増築未登記部分があるんです。

建物もそれに合わせて変化していっているわけですが、

その形が凸!

左右対称のように増築された2階部分は上手に増築された例だと思います。
南側の開放されたロケーション、

陽が当たり心地よくなっていく感覚が、

日々の疲れを癒してくれるようで、

ウトウトとしてきます。

バルコニーにつながるは洋室と和室。

フローリングには座椅子、畳にはそのままで、

疲れた体を落ち着かせたい衝動に駆られることでしょう。