新築VS中古リノベマンションの比較 

    資  産  性
 

中古は下がりにくいが修繕積立金の上昇に注意



築20年以上の築古物件は新築や築浅物件に比べ、価格が下がりにくい特徴があります。

建物が古くなると、大規模修繕やリフォームなどの手が入るケースが増えることも、価格が下がりにくくなる要因です。

ただ、築年が古くなるほど修繕積立金が高くなり、売りにくくなる場合もあります。

建物が古くなり、建て替えが難しいケースもあるので、物件選びの際は管理状況なども確認したい所です。


中古物件のほうが価格の落ち幅は少ない

築年の経過による価格の動きをイメージすると
写真上の図のように築年の浅い時期は下がりにくいが
築10年前後から大きく下がり、築30年前後以降は下がり方が小さくなるケースが多いです。



修繕積立金は年数に応じて上昇する


共用部分の大規模修繕費用をまかなうための修繕積立金は築年数が経過するほどの上昇する傾向があります。
住宅ローンの返済負担だけでなく、維持管理のコストも考慮して物件を選びましょう!