おもひでぽろぽろ

このお部屋に一歩踏み入れると懐かしい気持ちになっていく。。。

淡い初恋の記憶、苦手だった数式との闘い、茄子の入ったお味噌汁、

少しの間だけ同級生だった「アベさん」との楽しかった記憶。

そんな昔の事を思いださせてくれるような住まい。

僕が生まれるよりも前からこの住宅は建っていた。。。

住み慣れた町の小さな集落

そんな言葉が似合う柏原の戸建ては

緑豊かな自然環境も多く、

癒しの時間をくれる

時と人と自然が交差するようなお家に魅力を感じた

窓枠は当時アルミサッシではなく職人の手による木で造られたもので

フローリングの表面は無垢仕様となっており、

室内全体が木に囲まれ、温かみが感じられる

鍵はネジ締り錠と古風なモノとなっている

田舎にある学校やおばあちゃん家で見られた事があるのでは??

懐かしさを感じるちょっとしたポイント

窓枠でレトロな室内空間を演出している

BGMにはボサノバ調の曲を流し

味のある革製のソファーで寛ぎながらのティータイムなどどうかな?と

妄想を膨らませるとより楽しい、

家具や雑貨、観葉植物など

お部屋のアレンジをすることでよりこのお家の良さが引き立つだろう

水廻りは綺麗に交換されてはいるが、

お家の雰囲気に合わせたモノを選んでいる。

キッチンなども無機質なフレームに木材を使用し、スッキリ見せたものや

浴室には黒電話の受話器を置くようなアンティーク調の水栓金具

洗面台にもウッド調のものをチョイスし、

室内全体のバランスを整えたものとなっている

デザイン性を重視したからといって使い勝手が極端に悪くなる事も少なく

いつも通りの生活の仕方は変わらない。

遊び心と実用性のバランスにも注目してもらいたい

道路から高さがある分、お部屋からは箱池が見える風景へと変わる

また平家の弱点だった歩行者や車からの目線がズレるのは嬉しいポイント

裏側にはお庭もあり、バーベキューなども楽しむ事が出来。

アウトドアや開放的な日常を求める方にもおススメな物件となっている。

場所は南区柏原

近くの箱池は池の周りには遊歩道

油山などの自然を堪能できるスポット

心を落ち着かせ、ゆっくりのんびりとした時間を過ごすにはピッタリな環境

田舎な生活・・・とまではいかない暮らし

田舎暮らしを始めてみたい方には一度おススメしたい懐かしさ満点のお家です。